貨物事故の防止について

弊社にて配送業務に携わって下さる皆様へのお願い

日々の小口配送業務を取り扱う中で常に危険が付きまといます、車両に関わる事故から貨物に関わる事故まで様々です。

お客様のお荷物をいかに安全に円滑に確実にお届けする事が出来るのかと言う事を常に考え実行するのが使命だと考えています。

今回は貨物に関わる事故として、誤った所へ配達してしまう(以下、誤配事故)、誤配事故についての注意をさせて頂きます。
誤配事故は、その後の様々な大きな問題に発展する恐れの有る重大事故の1つです。

例として
・誤配先での商品の取り込みや紛失
・出荷主様の正規配送先様との信用低下による損害
・工場等の生産ラインストップによる損害
・正規配送様と更にその先の取引先様との商品が届かない事による信用低下による損害



誤配事故は様々な重大問題に発展しうる事故です。

この忌まわしき誤配事故を防止するには
常に、配送伝票と実際の荷物に張り付けられている荷札を全て確実に目視して読み合わせ照らし合わせを行い、貨物の積み込みの時と配送先にて行う事が重要です。
これがもし違う配送先を思い込みで行ってしまいそうになったとしても未然に防ぐ事が出来ます。積込から配達まで、2回3回のチェックを習慣付けて下さい。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2019年1月31日